スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- (--)|スポンサー広告

ワカサギ・リベンジへ向けて #2 (29日・30日)

夜に徘徊しながらフィッシュを探すも遭えなく撃沈.......
そこで深追いはせず、時間の合間にチョコチョコとワカサギロッドの制作を進めて行きます♪♪

442.jpg
まずは "ganzoh" が、さっさか作って『ワカサギ用の竿の制作自体が難しくは無い!!』って事を証明しないと。

折角会社のみんなが『ちょっと楽しいかも♪♪』って思ってくれてるのに、
その気持ちが無くなる前にネ!!

って事で、
先日にブランクの削り出しが終った(って事にした)ブランクのササクレ防止の為に塗装します。
前回に白色で失敗に終った事を考慮して今回は黄緑色に!!(完全に逃げました。苦笑)

443.jpg
買ってきた塗料の粘度が強い感じがしたんで、薄め液で粘度を低くします。。

ブランクに塗ると色が薄過ぎでムラになる位でOK。
これを薄ぅ~く何度も塗り込んで行きまっす。

蛍光灯などにかざすとムラが出ますが、昼間に外で手に持って使用するぐらいならムラが目に付かないくらいにはなったので完了とします。

444.jpg
次はブランクにガイドを止めて行きます。

ブランクにガイドを瞬間接着剤で仮止め、
そこにスレッドを巻いて行きます。

このスレッドもシーバスロッドのガイドスレッドを巻くような、ちゃんとした巻き込みじゃなく。

スレッドのスタートは接着剤でブランクに仮止めし、そこから巻きだします。
スレッドの最後も接着剤固定しちゃう感じで適当です。あくまで接着剤はちょっとですけどね。
沢山乗っちゃった場合はティッシュに接着剤を吸わせちゃいました。

445.jpg
全部のガイドを装着したらエポキシコーティングで完了でしょ!?

今回の制作過程はあくまで "ganzoh" が勝手に考えてる制作方法なんで正解かどうかは解りません。

ですが、ワカサギ程度の魚なら強度的にコレOKかと考えてます。

後はこの後の実釣で『おわぁ~、壊れた(泣)』とかの書き込みが無ければ大丈夫だったって事だよね~~(笑)

実釣は失敗したく無いけど、ロッド制作は子供の頃の模型作りを思い出せてメチャメチャ面白い!!



☆↓玉砕先生のブログで~す。見てみて見てぇ~(^o^)/↓☆

玉砕工房
http://blogs.dion.ne.jp/22cham_kun55/



黒カエルリリース バナーフック バナー

スポンサーサイト

2010/01/31 14:41 (日)|釣り工作関係(メンテ)コメント(0)トラックバック(0)
Comments
Name:
URL:
Comment:
Pass:
プロフィール

ganzoh

Author:ganzoh
"team YOKOHAMA 不発団"
構成員。。。

最近はカミさんに
『あなたが生きてるのかを確認するのは洗濯物が増えてる事でしか確認出来ないね』
と、言われてます(-oー;)

はい。
"ganzoh"もカミさんが生きてる事を確認するのは寝てる位置が変わってる事で確認してます♪♪

↓↓不発団員の行動↓↓
お気に入りブログ
お気に入り釣り具メーカー
カテゴリ
おぉ~こんなに遊びに来てくれたのねぇ~~
LIVE EYE !!
現在の閲覧者数:
☆釣り以外のお友達☆
♪♪お気に入りヴァイオリニスト♪♪
『陸ゴー』内の検索はココで♪♪
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。